categories

misc (95) column (36) gallery (15) ykw (11) movie (4) tua (4) demo (2) freeday (2) high tide (2)

量産の機械

もともと「回して作る」コノ手法は、生活に必要な物作りから生まれたものであるのだと思うが、需要が増えるにつれて、それらはマスプロダクション的な発展の道を進む事に自然になったのだろう。産業革命後にはモーターを使った”木工旋盤”が開発された事により、大量生産が可能になり、木工旋盤は工場で使う量産のための機械という考えが普通になったらしい。現代はコンピューター制御による木工旋盤に進化し、精度や生産スピードも向上して同じ物を何個も作る「コピー旋盤」という形になっている。今でも家具の脚や引き出しのつまみ、などのスピンドルターニングされた製品を見ると、作っている物は昔とそんなに変わらない気もする。