categories

misc (101) column (37) gallery (15) ykw (11) movie (4) tua (4) demo (2) freeday (2) high tide (2)

autumn wind...


自分では「ABAW」と呼んでいるのですが、おかげさまで発売開始から2年を過ぎた今もウッドターニングの本「ア ブック アバウト ウッドターニング」はチョコチョコご注文をいただく事が出来ていてコンスタントに出荷作業しています。本当にありがたいことです。皆様に心から感謝申し上げます。


やはり「ボウルジョー」や「コールジョー」はコストパフォーマンスが良いですね。クラス内での定番メソッドでもあるこの方法ですが、器づくりでは必須と言っても過言ではないですね。




北軽井沢で毎年開催されているイベントのお手伝いをしに今年も行ってきました。ピリッと澄んだ冷たい空気と始まったばかりの紅葉をたのしみながら、アウトドアでグリーウッドターニングを楽しんできました。生木を使ったウッドターニングは最高に楽しいです。


グリーンウッドターニング楽しむにはいくつかのリスキーな現象を克服する必要があります。もっとも注意したいのが割れないようにすることです。伐採時期、芯去りでの木取りや、削る順番やスピード、厚さの均一化、乾燥方法、など、最後まで気を抜かずに考えて対応しないと、成功の確率が低下してしまいます。絶対に割れないとは言えないのですが、削った木屑と一緒に紙に包んでゆっくり乾燥させるのは良い方法です。


アイルランドからDVDが届きました。グレン・ルーカスの新しいDVDです。今回の新作も彼らしい編集が素敵だし、内容的にもためになる良いDVDです。彼のウェブサイトからペイパルやクレジットカードで購入できます。お勧めです!


エルンスト・ガンペールの作品を見ました(写真=DM)至近距離で見てディテールやメソッドの確認が出来たことは有意義でした。とにかく凄いオーラでした。展示が良いので組作品丸ごと購入したい気持ちにさせられます。

さて、YKWのウッドターニングクラスでは現在11月と12月のご予約を受け付け中です。BBクラスではベーシックなボウルターニングのレクチャーをさせていただいております。「こうやってやるんだね!ウッドターニングって!」を感じにいらしてください。お帰りになって一人で出来る自信を付けるお手伝いをさせていただきます。道具や機械の購入相談、環境作り、材料入手、騒音、ゴミ、集塵などなど、相談したい方もウェルカムです。スケジュールの調整に多少の時間を要しますのでなるべくお早めにお問合せ、ご予約のお申込みをお願い致します。

この時期、生木のグッドシーズン到来ということもあって、伐採した生木持参でのグリーンウッドターニングのレクチャーのお申込みもチラホラ入り始めました。ウッドターニングの楽しさを感じるには最高のグリーンウッドターニングです。良い季節が来ました。樹液が滴る生木を回転させると飛び散る水しぶき!これぞウッドターニングって感じですね。ガンペールの作品からパワーを頂いた自分もプライベートな作品づくりに気合を入れたくなりました。


日々やりがいもあるし、楽しいこともある。難ばかりではないけど近年のなんだかなぁ~なドヨーンとした感じは少し長いかもしれません。でも人生ってそんなものなのでしょうかね。いつもイベントがあるなんてこと無いですからね、、、チョットしたことで180度テンションが変わることもある単細胞な人間としては、鯉を見ることが出来る時間と気持ち的余裕が復活したのは喜ばしいことなのです。ここで一発何かが起きればいのに(笑)期待!

色々悩ましいことの多い最近の「なんだかなぁ~」的な雰囲気をぶっ飛ばすためにガンガン踊りまくります。やはりダンスは大事です。今日はテイ・トウワのノリで♪

本日の工房ミュージックからの1曲はコレ!
Deee-Lite - Groove Is In The Heart (Official Video)

 

already autumn

暑かった夏も去り、秋がやってきました。色んなことが重なって慌ただしかったにもかかわらず、暑すぎて食欲も体力も落ち気味だったので、とても大変だった印象が強く残った2018年の夏でした。

10月は沢山のイベントが各地で開催されるので、なるべく時間を作って出かけられたらいいなぁと思います。ウッドターニング体験イベントのお手伝いなんかの予定が入っている体育の日ですが、楽しみにしていることでもあるので「テルテル坊主」でもぶらさげましょうかね。2年ぐらい前には台風が来て中止になったこともあったっけな、、、今年は大丈夫でありますように!

姪っ子に赤ちゃんが生まれたので「ガラガラ」作りました。名前に「桜」が付くのでガラガラのヘッド部分は桜にして、ハンドルは一位を使いました。ヘッド部分は壁厚を薄くして高い大きな音が出るように工夫しました。ラトルは小豆が10個です。本人は満足げでベロベロなめているそうです(笑)









相変わらずウッドターニングを「始めたい」「技術を向上させたい」といったご希望の方々にご予約を頂いて、順番にお迎えしてクラスをやらせてもらっています。おかげさまで「自分なりに始められそうな自信を持てた」「機械を買っても問題なさそうだ」など、「自分が本当に出来るのか?」不安を持っていらっしゃった方々にも安心していただけると嬉しく思います。ウッドターニングは凄く難しくは無いのですが、簡単ではありません。チョット難しいから楽しいし、のめり込むほどに奥の深さを感じられるものです。

せっかく英国製や米国製の優れた刃物を使っているのに正しい使い方が出来ず、使っている本人も「たぶん間違っているんだろうなぁ、、、」と思いながらごまかしている気持ちを持っている。そんな方は結構いらっしゃるようです。スライシングカットするのが本来の使い方のツールでもスクレーピングカットしてしまっていたり、せっかくのツールがダイナシなんですね。あまり良くないクセが定着してしまうと直すのに時間がかかってしまいます。快適なウッドターニングを楽しむためには基礎が大事です。ウッドターニングは簡単なんです!基礎を身につけてしまえば。

最初は一般的なハイス鋼(M2ハイス)を使ったウッドターニング専用のツールで十分です。シェフィールド(英国の都市)には老舗のウッドターニング専用ツールのメーカーが複数ありますので、その中からチョイスしてみたらよいと思います。また、欧米の通販業者が自社のオリジナルブランドのツールをOEM生産してもらっているパターンもあります(例)=米国パッカード社(M2ハイスツール)=英国ハムレット社がOEM生産。

ノービスクラスの方々、インターミディエイトクラスの方々、そしてマスタークラスの方々も、もう一度クラスに戻って基礎の確認をしてみませんか?Welcome back to my class !現在は10月のご予約を承っております。日程には限りがありますが、ご希望の日と合わせて予約お申込みいただくか、その前にお問合せいただくか、ご興味のある方はお早めにお願い致します。

久しぶりにコラムを更新しました。最新のコラムタイトルは「柾目のテノンは注意」です。興味のある方はBlog内の「Column」で最新記事をご確認ください。

本日の工房ミュージック

The Weeknd - I Feel It Coming ft. Daft Punk



柾目のテノンは注意

フェイスワークの木取りでテノンをコントラクティングしてボウルターニングする場合、材料が柾目の時は特に注意した方が良い事があります。ダブテールテノンをダブテールジョーでコントラクティングすると、材料自体がジョー側へ引き寄せられる力が発生します。なぜなら傾斜してる部分を絞り込むように締め付けるからです。

それらの方法は一般的なコントラクティングの方法としては正しいのですが、柾目の時に同じ方法を行うとダブテールテノンを絞り込む時に発生するジョー側へ引き寄せる力でテノン自体が本体から分離(割れ)しやすくなります。誤って強いキャッチをしてしまうと、テノンから本体が取れて飛んでしまう危険性もゼロではありません。テノンに割れが生じると本体がブレ始めたり、変な音がしたりしますので、いつもと違う変化に気づきたいものです。

前もっての回避策としては、あまり直径の小さなダブテールテノンにしないことだと思います。大き目のワーク(直径が大きめで重量が重め)の場合は特に注意しましょう。チャック購入時に付属しているような標準的なジョーしか持っていない場合にやりがちなトラブルとも言えます。可能なら少し直径が大きいダブテールジョー(標準サイズx1.5倍程度など)を別途に準備しておけば安全な対応の幅が広がります。

sizzling hot

なんという暑さなのでしょうか?お盆過ぎたら涼しくなる気がしてた例年のパターンをぶっ壊す今年の夏です。外でチェンソー使って丸太を切るのは暑すぎて無理って感じなので、割れて使えなくなった頂き物の丸太も多数できてしまいました。それでも少しはやったのですが、午前中7時過ぎたころには30度超えてるしね(笑)


7月と8月はギリギリのスケジュールでしたが、なんとか無事に終われそうな雰囲気の8月末です。それにしても今年の夏の電気代は記録物です(笑)エアコン、旋盤、集塵機、ドリル、ライト、etc、同時に使ってるのですからハンパないですよね。


そんな激暑な日本で初めてのウッドターニングを体験する場所として僕のクラスを選んでくれた方がイギリスから来られました。主に欧米の方々のやり方を見たり聞いたり習ったりして覚えた自分が、逆に教えるというのは何か不思議な感覚になるところもありました。長いことやってると色んな事があって楽しいですね~



現在は引き続き9月中の予約お申込みをお受けしています。日程は限られてしまうかもしれませんが、まだ空きがありますので興味のある方はお申込みや相談などしてください。10月はまだタップリ空いています。少しでも涼しくなった時が良い方はその方が良いかもしれませんね。ご連絡、ご相談、お申込みお待ちいたしております。


サンノゼで彼女のデモンストレーションを見たことがきっかけでマルチアクシス(多軸)のターニングに興味を深く持ち始めたのですが、そんなバーバラさんの本が発売になりアマゾン経由で購入しました。マニアックな内容ですが、とてもわかりやすい良い本だと思います。


今年も幕張メッセで開催されてるDIYホームセンターショーに行ってきました。ココでしか会わないけど、必ずお会いする人にも会えたり、楽しいお出かけでした。複数の方々と交流出来た中で様々な情報を得られたりできたので有意義でした。


my favoriteなJason Mrazのアルバムが4年ぶりぐらいで発売されました。久しぶりに日本版をCDで購入しました(笑)値段は高いけどヤッパリCDじゃなきゃね。

暑すぎる中、フッと思いだした映画のシーン。スパイクリーの懐かしい映画から激暑な夏向きのヤンチャなシーンをどうぞ!(笑)

Do The Right Thing - Spike Lee fire hydrant scene OFFICIAL HD VIDEO

melting hot

溶けそうなほど気温が高い日々が続き、流石にバテ気味の雰囲気です。エアコンを使わない訳にはいかないほど狂気的な気温なのですが、体が冷えすぎて良い調子になりにくい体調です。昨晩から少し涼しい気がするのは今までが連日で暑すぎたからかもしれませんが、チョット楽になったような気もします。一時的だとしてもありがたいです。

さて、そんなクレイジーなほどの気温の中、例年に比べてクラスの予約者が多く7月8月はフル状態です。嬉しいのですが1日も休みが無いのはソコソコ大変です。9月に入るまで1日だけ休めそうな日があるのですが、さてさてどうなることか。

現在は9月の予約申込を受付中です。ご興味のある方はお早めにお問合せいただけますようお願い致します。








本日の工房ミュージック
Little T&A (The Rolling Stones)



new class started


ウッドターニングクラスの予約状況では6月は暇な印象が強い毎年のパターンです。今年も同じ感じでした(笑)ただ、クラス以外にやることがソコソコあったので時間の流れ方としては慌ただしく、もう6月が、もう1年の半分が終わろうとしてるのか?と少し驚いています。

少しフライングになってしまいましたが写真は新しい「BB」クラスの様子です。正式には7月からスタートの新しいクラスですが、すでに決まっていた6月中の予約にスケジュール変更にともなうキャンセルが出たため特別対応とさせていただいた先日でした。初めてのウッドターニングの方にボウルガウジを使ってスタンダードなボウルターニングの基礎を学んでいただきました。べベルラビングの重要性を感じていただけたと思います。

現在YKWウッドターニングクラスでは7月と8月の予約お申込みを受け付けております。梅雨明け後はアッチッチな真夏がやってくるのかな?と思いますが、工房は涼しいですからご安心ください(笑)お問合せ、お申込みはなるべくお早めにお願い致します。



ある日のクラスで生徒さんが作られたボウルです。材料はたまたま工房にあった練習用の普通のケヤキですが、神代(じんだい)っぽい色に見える仕上がりのナイスなボウルが出来上がりました。写真はまだ塗装前の状態で、何かを塗れば更に雰囲気も上々になるのかな?と思います。今頃は持ち帰えられた生徒さんの手によってオイルフィニッシュされていると思われます。


印刷スケジュールの都合でいつもより時間が空いてしまった書籍の出荷作業です。今月は1回だけの出荷になってしまいました。お待たせしてしまった皆さま申し訳ありませんでした。ご購入いただきました全ての皆さまに心よりお礼申し上げます。到着が未だの皆さま申し訳ありませんがもう少しお待ちいただけますようお願い致します。次の出荷は7月に入って間もない頃に出来るよう準備を進めております。よろしくお願い致します。


カスタネットを初めて作った先日です。使えるものが出来る喜びは格別なものがありますが、中でも音が出る系は楽しさが違います。くぼみの深さ、突起部分の大きさ、材種などによって音が違ったりして面白いなぁと思います。皆さんも是非やってみたらいかがかな?と思います。


今は椅子があって座って食べるスタイルなのですが、店舗がアチコチに出始めの頃は立ち食いのイメージだったステーキのお店に初めて行きました。娘に誘われて行ったソコは肉好きの人たちのパラダイスみたいな感じなのでしょうか?お店が発行しているゴールドカードを持った常連さんっぽいお客さんもいらっしゃいました。想像してたよりも中年層のお客さんが多くて驚きました。色んな意味で良い社会勉強になりました。娘は450gをペロリ、自分はやっと300gを完食(笑)

本日の工房ミュージック

ショッキングブルーの曲をバナナラマがカバーして大ヒットしました。聞くたびに1986年当時流行ってたNYのクラブPARADIUMでハンパなく盛り上がってたこと思い出します。少し前から再結成してるバナナラマです。

Bananarama - Venus (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

updated


YKW ウッドターニングクラス 2年ぶりのリニューアルです。人気が高い定番のボウルターニングクラスの「BB」と、スピンドルターニングクラス「BS」(6月16日追加)、1日~3日間のカスタムクラス「C1」「C2」「C3」のシンプルな構成になりました。新しい構成のクラスは7月1日以降からのご予約お申込みからお受けしておりますが、早速お申込みが入って嬉しいです。

一部6月中に日程変更に伴ったキャンセルが出ております。現時点で予約可能な日は6月20日(水)、22日(金)、23日(土)、です。ご検討のほどよろしくお願いします。

追記:

お問い合わせありがとうございます。上記の6月20日(水)、22日(金)、23日(土)、も新しい構成のクラスでの対応とさせていただきます。よろしくお願いします。

ご利用ありがとうございました。(追記:6月23日)

スピンドルターニングクラス「BS」(6月16日追加されました。)




今年もクラフトフェアまつもとへ行ってきました。天気に恵まれたことも大きいのだと思いますが、今回は来場者がすごく多かった印象でした。沢山の作品を見ることが出来たことも良かったし、偶然バッタリ会う知人や久しぶりにお会いする方々、作品以外でも楽しめた良い機会になりました。

少し多めかな?と感じたのは海外からの来場者がとても多いことでした。見た目アジア系の雰囲気だと国籍がわかりにくいのだけど、話してるのを聞いてわかったりすることも少なくありませんでした。

そんな中、複数の同じような会話が聞こえてきたチョット気になったことがありました。海外の来場者が出展者に英語で作品の素材を聞いているシーンで「これはなんていう木ですか?」に対して「マロン」と答えていらっしゃる出展者が何人かいらっしゃることに気がついたのです。特にココに書くようなことでも無いのですが、1日のうちに1回だけでなく、しかも2-3時間の短い時間の中で3回もあったのです。なので書いちゃいます(笑)

「マロン」という表現は恐らく「栗の木」をそのように言いたいのだと思いますが、栗のことは英語で「チェスナッツ」というのが正しいのではないか?と思いますが、どうでしょう?

マロン、マロングラッセ、マロニエ、、、なんか難しい(笑)


小笠原父島からアカギ(グリーンウッド)持参の20代男性、はじめてのウッドターニング1d+クラス。乾燥したアカギに比べ格段に削りやすい印象でした。今回のアカギは木屑がピンクっぽかったです。




ボウルガウジはスライシングツールでスクレーピングツールではありません。最近はいろんなところでUPされてる作業中の動画を目にする事も多いのですが、見ると悲しくなってしまう使い方をしてる事も少なくないです。特にフルート(溝)を真上に向けてスクレーピングしてるシーンを見ると辛いものがあります。どこでもドアがあるなら、すぐに行って正しい使い方を教えてあげたくなります(笑)せっかくの刃物を宝の持ち腐れにしないようにしたいものです。

写真は過去の生徒さん(全て違う方々)の様子(イメージ画像)です。私のクラス(フェイスワーク基礎)ではボウルガウジを使う場合の基本となるベベルラビングのレクチャーをベースにしたスライシングカットの方法を学んでいただき、お帰りになってからも1人で出来る事を目指しています。ポジション、グリップ、インとアウトなど、基本的な考えが身につきます。変なクセが定着してしまう前に是非!

すっかり梅雨ですね。ジメジメ蒸し暑かったり、肌寒かったり、機械のメンテナンスもマメに行って錆びたり壊れたりしないように心がけたいものです。自分の体の方もね(笑)



one love

あいかわらず月1回の更新が定番化しつつあるブログ更新...ゴメンナサイ。
携帯にストックされた写真を見て、とりあえず適当に選んでUPしてみます。














割と遠方の地域からお越しになられる方々が多めの5月。YKWウッドターニングクラスは少々あわただしい感じがする5月でした。熱心な方々は2泊3泊してじっくり取り組みたいと考えることが多く「どうせ行くなら」の計画で「2D」「2D+」や「3D」「3D+」で予約される傾向です。YKWではご希望や皆さんのスキルに合わせてクラスの内容をカスタマイズして対応できますので、興味のある方はお問い合わせください。現在6月7月の予約を受け付け中です。7月はまだ十分に空いていますが、6月はソコソコ埋まってきました。なるべくお早めにご予約お申込みください。

ある日、薪や薪ストーブ関連のイベントに参加させていただきました。新緑が美しい標高1000m超えの森で行われ、木に登って伐採する方々や有名なチェンソーメーカーによるカッコいいデモンストレーションなど見ることも出来て有意義でした。自分たちは木工旋盤を持ち込んでウッドターニングのデモンストレーションや体験サービスをしたりしました。会場には電動工具のメーカーもブースを出していて、最近よく見かける電動のチェンソーなども使わせてもらったりしました。時代の変化はめまぐるしいです。

いよいよ梅雨入りなのでしょう。もう入ってるのかな?年々早くなる気がします。もう夏を楽しまないといけないシーズンにはいりました。すでにビアガーデンでの飲み会に誘われたり、飲めないのに行っちゃいます(笑)そして、なにより「ライブ」です。行きたいですね~激しくいきたい(笑)そんな季節が到来です~!ンチャンチャってね。One Love~!

本日の工房ミュージックより
The Wailers - Three Little Birds / One Love (Live at BoomTown Fair 2014)