categories

misc (98) column (36) gallery (15) ykw (11) movie (4) tua (4) demo (2) freeday (2) high tide (2)

果物の皮むき

【ウッドターニング(WOODTURNING)とは】木工旋盤を使い回転させた木材を加工する事を”ウッドターニング”と言います。一般的な木工旋盤はワーク(材料)を回転させ、バイト(刃物)を手で持ってツールレスト(刃物台)の上を移動させて切削します。たとえば、右利きの人が果物の皮を剥く時、左手に果物、右手に果物ナイフを持ち、左手で果物を回転させます。この時、左手の役割が木工旋盤で、右手で持ったナイフがバイトに相当すると考えれば理解しやすいかもしれません。ナイフと同じように、バイトも向きや角度を調整しながら切削を行います。ウッドターニングで必ず使うツールレストが果物の皮を剥く時は無いので、同じ考え方をする事には無理も有りますが、難しそうに考えてしまいがちな「バイトのベベルをワークに当てながら切削する」事も実は果物の皮を剥く時に自然にやっている事だと考えればツールの使い方に迷いが有る場合、少しヒントになるかもしれません。ただしコノ場合、連続したような種類の切削屑が出る事が望ましい"カッティングタイプ"のツールには当てはまりますが、割と粉状の切削屑が出て、材料をカジリ取るような使い方になる"スクレーパータイプ"の使い方には当てはまりません。