categories

misc (105) column (38) gallery (15) ykw (11) movie (4) tua (4) demo (2) freeday (2) high tide (2)

really stressful...

 地球の表面で色んなことが起きすぎる最近です。ほとんどの事が落ち着きなく不安定な状態なのはストレスです。でも、こんな時代に生かされてる以上どうにか乗り越えなければならないのですが、深呼吸しにくいような世の中が「なんだかなぁ」であります。


これほどBlogを更新しない時間が長引くと、やってる意味があるんだろうか?と思ったりします。自ら書きたくなって行動に移すのなら良いのですがね。時々SNS見てますという方の中に「Blogが好きで更新されるの楽しみにしてるんですよ」ってメッセージくれる方がいらっしゃるので、その方々のためにも頑張らなきゃなりません。



さて、いつ頃からのことを書こうか考えてみましたが、やはり年始からが良いかな?ってことで、そー言えば元旦から生徒さんに頼まれたツールのシャープニングをしてたんだなぁと写真を見て思い出しました。ポカポカの日差しの中、新品の結構な量のツールを仕立てました。このころは世の中が今の状況になるなんて全く考えていなかったですね。


発売開始から4年過ぎたのですが、おかげさまで本「ア ブック アバウト ウッドターニング」もソコソコ売れておしまして、発売開始から4年過ぎた今年が最高出荷数に達する勢いです。家にいる時間が増えたことが理由なのか?不明ですがウッドターニングに興味を持つ人や、楽しいと思ってくれる方が増えるのは嬉しいことです。


すでに2020年も9月に入りましたが、今年もソコソコ大変なほどクラスの予約が入りました。もちろん延期したいという方、キャンセルしたいという方、いらっしゃいましたが、暇でしょうがないという雰囲気にはなりませんでした。今も10月の予約がポツポツ入り始めています。ご興味のある方はお問い合わせ、予約お申込みくださいませ。今年に入ってからの写真(クラスの一部、その他)をほんの少しですが紹介したいと思います。


















最新号のAAW(アメリカウッドターニング協会)会報誌の表紙写真にガンペールの作品が使われててテンション上がりました。この前、ディープホローイングする時に壁厚をジャッジしながら削る目的で使ってるCCDカメラ(iPadとBluetooth接続)を新調したばかりで、未だ試せてない中、こんな刺激的な写真を見てしまうとムズムズする。だけど一番肝心なのは材料なのでベストな伐採時期であろう冬が来るまで待つことにします。


間もなく(9月12日で)あれから丸9年になります。あれからって?知ってる人は知ってることですが、ぶっ倒れたあの日から9年過ぎたことは全てに感謝しなければなりません。ストレスフルな世の中ではあるものの、今もこうして元気でいられることに感謝です。


本日の工房ミュージック

あいみょん 君はロックを聴かない 
AIMYON TOUR 2019 SIXTH SENSE STORY IN YOKOHAMA ARENA